2006年02月28日

県庁の星の内容

大まかなストーリー

主人公(織田裕二)は県庁の産業政策課に勤務している。

数十億円のプロジェクトで保養施設建設計画の一員で鼻高々。

オンブスマンが無駄遣いと抗議

抗議をかわすため、保養施設の経営には民間の視点とりいれることを県と議会で決め、県庁初の民間企業派遣メンバーに選出。

しかし、派遣先はスーパーマーケット。

派遣先の店長が指導役に指名したのがパート店員(柴崎コウ)。

マニュアル主義の主人公には感覚で働いている店員達を不思議がる。

とりあえず、最初の受け持ちは客の来ない寝具売り場。

研修するつもりの主人公は指導役に仕事をしたいと詰め寄るも仕事をくれず。

主人公がヒマなので、寝具売り場を百貨店のようにディスプレイすると、客のニーズに合わないと指導役から却下。

主人公、別の仕事がしたいということでレジうちをするも、クレジットカードの限度額オーバーの客を前にカード使えませんと言おうとして、指導役から注意

しかたないので、客に接しない惣菜厨房へ移動。

そこで賞味期限ギリギリの食材を加工して弁当にしたり、一度さめたフライをもう一度揚げて店に並べる光景を見て、告発まがいのマニュアルを作成

店長に見せるも相手にされず。納得のいかない主人公に副店長から、厨房メンバーを2分し今作っている弁当と主人公が提案するいい食材をつかった豪華弁当の売り上げ勝負をすることとなる。

とかしているうちに、プライベートでは地元土建屋令嬢との結婚話がすすんでいく。

土建屋は保養施設の開発がらみで主人公と近づきたい模様。

スーパーでは、弁当バトルが始まるも、今までの弁当の方が売れていく。主人公がどんな食材を使っても売れない。

県庁に派遣先の出来事の中間報告をするときに保養施設のプロジェクトからはずされたことを知り愕然。

しかし、他のメンバー(佐々木蔵之介)は国土交通省に親類がいるというコネがあるためプロジェクトから外されておらずさらに愕然。

そんなこんなで、仕事のことばかり夢中になっている主人公を見て土建屋令嬢も愛想をつかし、縁談は破談。立ち直れず。

なぜか、もうだめとばかりに、保養施設建設予定地で雨の振る中、泣き崩れて一晩過ごす。

とりあえずスーパーに戻って相変わらず豪華弁当を作るも売れないところを、指導役がデートと称してデパートにマーケティングに向かう。女性が形のないものにお金を使うことを教える。

ある日、スーパーからホームレスが廃棄する弁当をあさっているのを目撃。豪華弁当は選ばず、安い弁当だけを選んでいるのを見て実際、冷め切った豪華弁当を食べてみてまずいということを痛感。

ということで、豪華弁当の売り出し方を「記念日には〜」「大切な人と〜」とフレーズをつけて売ることに変更。これで売り上げうなぎのぼりで弁当バトルに勝利。

スーパーの営業もうなぎのぼりとなっているところに消防署の査察が入り、過剰在庫のため適切な避難通路などが確保されてないことに改善命令を受ける。

主人公が在庫管理のマニュアルを作り、それに従うことにする。

とりあえず、主人公は研修期間満了により県庁に帰る。主人公と指導役の未練タラタラの別れ。指導役は県庁とパートはつりあわないと言い聞かせる。

産業政策課に居場所のない主人公は福祉関係の部署に自ら希望し異動。

施設建設反対のオンブスマンに近寄り利用者視点の保養施設のあり方を調査。

そのころスーパーでは、消防署がスーパーが改善されたか再度査察に来る。なぜか主人公がスーパーにやってきており、従業員に店内放送で指示をしピンチを乗り切る。

保養施設建設の計画は着々と進み、あとは議会の承認を得て着工するところまできている。

その議会で承認され、散会になろうとしたとき、費用を削減できる主人公が対案があると提案。

議長怒るも、知事が主人公の案も比較し前向きに検討するということでおさまる。

産業政策課に残りプロジェクトを進めていた他のメンバーが、主人公の案でも問題なしと報告したが、知事は「前向きに検討するといっただけで採用する」といったたわけではないといい、議長もそうそうとばかり主人公の案をゴミ箱に捨てる。

そんなことはおかまいなしに、スーパーにたちよる主人公。主人公がいたときの活気のあるまま。指導役に「県庁はなかなか変わらないよ」と近況をしゃべった後、デートに誘ったところで終了。
posted by キャリア公務員 at 21:31| Comment(38) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

県庁の星あらすじ

大まかなストーリー

主人公(織田裕二)は県庁の産業政策課に勤務している。

数十億円のプロジェクトで保養施設建設計画の一員で鼻高々。

オンブスマンが無駄遣いと抗議

抗議をかわすため、保養施設の経営には民間の視点とりいれることを県と議会で決め、県庁初の民間企業派遣メンバーに選出。

しかし、派遣先はスーパーマーケット。

派遣先の店長が指導役に指名したのがパート店員(柴崎コウ)。

マニュアル主義の主人公には感覚で働いている店員達を不思議がる。

とりあえず、最初の受け持ちは客の来ない寝具売り場。

研修するつもりの主人公は指導役に仕事をしたいと詰め寄るも仕事をくれず。

主人公がヒマなので、寝具売り場を百貨店のようにディスプレイすると、客のニーズに合わないと指導役から却下。

主人公、別の仕事がしたいということでレジうちをするも、クレジットカードの限度額オーバーの客を前にカード使えませんと言おうとして、指導役から注意

しかたないので、客に接しない惣菜厨房へ移動。

そこで賞味期限ギリギリの食材を加工して弁当にしたり、一度さめたフライをもう一度揚げて店に並べる光景を見て、告発まがいのマニュアルを作成

店長に見せるも相手にされず。納得のいかない主人公に副店長から、厨房メンバーを2分し今作っている弁当と主人公が提案するいい食材をつかった豪華弁当の売り上げ勝負をすることとなる。

とかしているうちに、プライベートでは地元土建屋令嬢との結婚話がすすんでいく。

土建屋は保養施設の開発がらみで主人公と近づきたい模様。

スーパーでは、弁当バトルが始まるも、今までの弁当の方が売れていく。主人公がどんな食材を使っても売れない。

県庁に派遣先の出来事の中間報告をするときに保養施設のプロジェクトからはずされたことを知り愕然。

しかし、他のメンバー(佐々木蔵之助)は国土交通省に親類がいるというコネがあるためプロジェクトから外されておらずさらに愕然。

そんなこんなで、仕事のことばかり夢中になっている主人公を見て土建屋令嬢も愛想をつかし、縁談は破談。立ち直れず。

なぜか、もうだめとばかりに、保養施設建設予定地で雨の振る中、泣き崩れて一晩過ごす。

とりあえずスーパーに戻って相変わらず豪華弁当を作るも売れないところを、指導役がデートと称してデパートにマーケティングに向かう。女性が形のないものにお金を使うことを教える。

ある日、スーパーからホームレスが廃棄する弁当をあさっているのを目撃。豪華弁当は選ばず、安い弁当だけを選んでいるのを見て実際、冷め切った豪華弁当を食べてみてまずいということを痛感。

ということで、豪華弁当の売り出し方を「記念日には〜」「大切な人と〜」とフレーズをつけて売ることに変更。これで売り上げうなぎのぼりで弁当バトルに勝利。

スーパーの営業もうなぎのぼりとなっているところに消防署の査察が入り、過剰在庫のため適切な避難通路などが確保されてないことに改善命令を受ける。

主人公が在庫管理のマニュアルを作り、それに従うことにする。

とりあえず、主人公は研修期間満了により県庁に帰る。主人公と指導役の未練タラタラの別れ。指導役は県庁とパートはつりあわないと言い聞かせる。

産業政策課に居場所のない主人公は福祉関係の部署に自ら希望し異動。

施設建設反対のオンブスマンに近寄り利用者視点の保養施設のあり方を調査。

そのころスーパーでは、消防署がスーパーが改善されたか再度査察に来る。なぜか主人公がスーパーにやってきており、従業員に店内放送で指示をしピンチを乗り切る。

保養施設建設の計画は着々と進み、あとは議会の承認を得て着工するところまできている。

その議会で承認され、散会になろうとしたとき、費用を削減できる主人公が対案があると提案。

議長怒るも、知事が主人公の案も比較し前向きに検討するということでおさまる。

産業政策課に残りプロジェクトを進めていた他のメンバーが、主人公の案でも問題なしと報告したが、知事は「前向きに検討するといっただけで採用する」といったたわけではないといい、議長もそうそうとばかり主人公の案をゴミ箱に捨てる。

そんなことはおかまいなしに、スーパーにたちよる主人公。主人公がいたときの活気のあるまま。指導役に「県庁はなかなか変わらないよ」と近況をしゃべった後、デートに誘ったところで終了。
posted by キャリア公務員 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

県庁の星、ネタバレ注意

大まかなストーリー

主人公(織田裕二)は県庁の産業政策課に勤務している。

数十億円のプロジェクトで保養施設建設計画の一員で鼻高々。

オンブスマンが無駄遣いと抗議

抗議をかわすため、保養施設の経営には民間の視点とりいれることを県と議会で決め、県庁初の民間企業派遣メンバーに選出。

しかし、派遣先はスーパーマーケット。

派遣先の店長が指導役に指名したのがパート店員(柴崎コウ)。

マニュアル主義の主人公には感覚で働いている店員達を不思議がる。

とりあえず、最初の受け持ちは客の来ない寝具売り場。

研修するつもりの主人公は指導役に仕事をしたいと詰め寄るも仕事をくれず。

主人公がヒマなので、寝具売り場を百貨店のようにディスプレイすると、客のニーズに合わないと指導役から却下。

主人公、別の仕事がしたいということでレジうちをするも、クレジットカードの限度額オーバーの客を前にカード使えませんと言おうとして、指導役から注意

しかたないので、客に接しない惣菜厨房へ移動。

そこで賞味期限ギリギリの食材を加工して弁当にしたり、一度さめたフライをもう一度揚げて店に並べる光景を見て、告発まがいのマニュアルを作成

店長に見せるも相手にされず。納得のいかない主人公に副店長から、厨房メンバーを2分し今作っている弁当と主人公が提案するいい食材をつかった豪華弁当の売り上げ勝負をすることとなる。

とかしているうちに、プライベートでは地元土建屋令嬢との結婚話がすすんでいく。

土建屋は保養施設の開発がらみで主人公と近づきたい模様。

スーパーでは、弁当バトルが始まるも、今までの弁当の方が売れていく。主人公がどんな食材を使っても売れない。

県庁に派遣先の出来事の中間報告をするときに保養施設のプロジェクトからはずされたことを知り愕然。

しかし、他のメンバー(佐々木蔵之助)は国土交通省に親類がいるというコネがあるためプロジェクトから外されておらずさらに愕然。

そんなこんなで、仕事のことばかり夢中になっている主人公を見て土建屋令嬢も愛想をつかし、縁談は破談。立ち直れず。

なぜか、もうだめとばかりに、保養施設建設予定地で雨の振る中、泣き崩れて一晩過ごす。

とりあえずスーパーに戻って相変わらず豪華弁当を作るも売れないところを、指導役がデートと称してデパートにマーケティングに向かう。女性が形のないものにお金を使うことを教える。

ある日、スーパーからホームレスが廃棄する弁当をあさっているのを目撃。豪華弁当は選ばず、安い弁当だけを選んでいるのを見て実際、冷め切った豪華弁当を食べてみてまずいということを痛感。

ということで、豪華弁当の売り出し方を「記念日には〜」「大切な人と〜」とフレーズをつけて売ることに変更。これで売り上げうなぎのぼりで弁当バトルに勝利。

スーパーの営業もうなぎのぼりとなっているところに消防署の査察が入り、過剰在庫のため適切な避難通路などが確保されてないことに改善命令を受ける。

主人公が在庫管理のマニュアルを作り、それに従うことにする。

とりあえず、主人公は研修期間満了により県庁に帰る。主人公と指導役の未練タラタラの別れ。指導役は県庁とパートはつりあわないと言い聞かせる。

産業政策課に居場所のない主人公は福祉関係の部署に自ら希望し異動。

施設建設反対のオンブスマンに近寄り利用者視点の保養施設のあり方を調査。

そのころスーパーでは、消防署がスーパーが改善されたか再度査察に来る。なぜか主人公がスーパーにやってきており、従業員に店内放送で指示をしピンチを乗り切る。

保養施設建設の計画は着々と進み、あとは議会の承認を得て着工するところまできている。

その議会で承認され、散会になろうとしたとき、費用を削減できる主人公が対案があると提案。

議長怒るも、知事が主人公の案も比較し前向きに検討するということでおさまる。

産業政策課に残りプロジェクトを進めていた他のメンバーが、主人公の案でも問題なしと報告したが、知事は「前向きに検討するといっただけで採用する」といったたわけではないといい、議長もそうそうとばかり主人公の案をゴミ箱に捨てる。

そんなことはおかまいなしに、スーパーにたちよる主人公。主人公がいたときの活気のあるまま。指導役に「県庁はなかなか変わらないよ」と近況をしゃべった後、デートに誘ったところで終了。
posted by キャリア公務員 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

県庁の星ストーリー、ネタバレ注意

大まかなストーリー

主人公(織田裕二)は県庁の産業政策課に勤務している。

数十億円のプロジェクトで保養施設建設計画の一員で鼻高々。

オンブスマンが無駄遣いと抗議

抗議をかわすため、保養施設の経営には民間の視点とりいれることを県と議会で決め、県庁初の民間企業派遣メンバーに選出。

しかし、派遣先はスーパーマーケット。

派遣先の店長が指導役に指名したのがパート店員(柴崎コウ)。

マニュアル主義の主人公には感覚で働いている店員達を不思議がる。

とりあえず、最初の受け持ちは客の来ない寝具売り場。

研修するつもりの主人公は指導役に仕事をしたいと詰め寄るも仕事をくれず。

主人公がヒマなので、寝具売り場を百貨店のようにディスプレイすると、客のニーズに合わないと指導役から却下。

主人公、別の仕事がしたいということでレジうちをするも、クレジットカードの限度額オーバーの客を前にカード使えませんと言おうとして、指導役から注意

しかたないので、客に接しない惣菜厨房へ移動。

そこで賞味期限ギリギリの食材を加工して弁当にしたり、一度さめたフライをもう一度揚げて店に並べる光景を見て、告発まがいのマニュアルを作成

店長に見せるも相手にされず。納得のいかない主人公に副店長から、厨房メンバーを2分し今作っている弁当と主人公が提案するいい食材をつかった豪華弁当の売り上げ勝負をすることとなる。

とかしているうちに、プライベートでは地元土建屋令嬢との結婚話がすすんでいく。

土建屋は保養施設の開発がらみで主人公と近づきたい模様。

スーパーでは、弁当バトルが始まるも、今までの弁当の方が売れていく。主人公がどんな食材を使っても売れない。

県庁に派遣先の出来事の中間報告をするときに保養施設のプロジェクトからはずされたことを知り愕然。

しかし、他のメンバー(佐々木蔵之助)は国土交通省に親類がいるというコネがあるためプロジェクトから外されておらずさらに愕然。

そんなこんなで、仕事のことばかり夢中になっている主人公を見て土建屋令嬢も愛想をつかし、縁談は破談。立ち直れず。

なぜか、もうだめとばかりに、保養施設建設予定地で雨の振る中、泣き崩れて一晩過ごす。

とりあえずスーパーに戻って相変わらず豪華弁当を作るも売れないところを、指導役がデートと称してデパートにマーケティングに向かう。女性が形のないものにお金を使うことを教える。

ある日、スーパーからホームレスが廃棄する弁当をあさっているのを目撃。豪華弁当は選ばず、安い弁当だけを選んでいるのを見て実際、冷め切った豪華弁当を食べてみてまずいということを痛感。

ということで、豪華弁当の売り出し方を「記念日には〜」「大切な人と〜」とフレーズをつけて売ることに変更。これで売り上げうなぎのぼりで弁当バトルに勝利。

スーパーの営業もうなぎのぼりとなっているところに消防署の査察が入り、過剰在庫のため適切な避難通路などが確保されてないことに改善命令を受ける。

主人公が在庫管理のマニュアルを作り、それに従うことにする。

とりあえず、主人公は研修期間満了により県庁に帰る。主人公と指導役の未練タラタラの別れ。指導役は県庁とパートはつりあわないと言い聞かせる。

産業政策課に居場所のない主人公は福祉関係の部署に自ら希望し異動。

施設建設反対のオンブスマンに近寄り利用者視点の保養施設のあり方を調査。

そのころスーパーでは、消防署がスーパーが改善されたか再度査察に来る。なぜか主人公がスーパーにやってきており、従業員に店内放送で指示をしピンチを乗り切る。

保養施設建設の計画は着々と進み、あとは議会の承認を得て着工するところまできている。

その議会で承認され、散会になろうとしたとき、費用を削減できる主人公が対案があると提案。

議長怒るも、知事が主人公の案も比較し前向きに検討するということでおさまる。

産業政策課に残りプロジェクトを進めていた他のメンバーが、主人公の案でも問題なしと報告したが、知事は「前向きに検討するといっただけで採用する」といったたわけではないといい、議長もそうそうとばかり主人公の案をゴミ箱に捨てる。

そんなことはおかまいなしに、スーパーにたちよる主人公。主人公がいたときの活気のあるまま。指導役に「県庁はなかなか変わらないよ」と近況をしゃべった後、デートに誘ったところで終了。

多分こんな感じの話
posted by キャリア公務員 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(35) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。